「ちょっと視点を変える」

久しぶりに銀行に行った・・・

ここは銀行の支店・・・客は少ない

しかし、窓口の応対は気持ちが伝わってくる

あっさり言えば・・・親切で対応が早い

いつもは新橋の本店に行く・・・客は多い

窓口の対応は機械的・・・気持ちが入っていない

正直に言えば・・・事務的で待ち時間が長い

 

本店と支店の違い・・・

銀行でのちょっとした体験が私に何かを気づかせた

何かは・・・支店での空気感です

 

人間関係の改善を図る

仕事の行き詰まりを打開する

性格をよくする

 

こんなことに使えるのではないかと・・・

支店の空気感は・・視点に変わった

視点を変えてみるといいのでは・・・

見方を変える・・・

角度を変える・・・

立場を変える・・・

 

視点を変えると意味が変わるね

意味が変わると新しい価値が生み出せる

価値が変わると自覚も変わる

自覚が変わると行動が変わる

 

マザー・テレサの言葉に重なっちゃいました

思考…それはいつか言葉になるから

言葉…それはいつか行動になるから

 

ちょっと視点を変える・・・なかなかいい(笑)

新たな価値観が新しい自分をつくります

いままでマイナスと思っていたことも

プラスの魅力に変わることもあるね

 

怒りっぽい性格は悪いと持っていたが・・・

このエネルギーをプラスに使えば苦難をのりきるバネになる

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。


「師走の前に一休み」

今日は勤労感謝の日

23日の日付の空欄に“アメリカ・ロス”と書かれています

ボールペンで23日から4月2日まで線が引かれてます

1月1日に1年の計画を立てた名残りです

急きょ3月にアメリカ行きは前倒しになりました

というわけで・・・わたしは日本にいます

 

師走の前に一休み

深まる秋も終わろうとし、

寒い冬がずいぶん入ってきてるこの季節

・・・貴重な祝日

 

勤労感謝・・・

勤労という字は好きではないけど・・・

なぜ好きでないかというと「勤」は難しそうな匂いがする

「労」はいかにもしんどいといった雰囲気がある

しかし、働くことは好きです

勤労よりひらかなの“きんろう”の方が好き

 

「感謝」は無条件でウエルカムです

普段から使い慣れているし、響きが好き

感謝で生きることを心がけているし

常に感謝を意識して生きているおかげもあるかも

 

いづれにしても、今日は感謝する日…

はたらけることに感謝

食べれることに感謝

はたらけるのは食べて元気だから・・・健康に感謝

 

そうそう、秋祭りの側面もある

収穫した野菜やお米を奉納する

伊勢神宮では普段見られない儀式が行われるそうですよ

収穫の喜びをみんなで分かち合えるといいね

今日一日感謝で過ごしましょう!

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。


「青春の夢」

夢の中で偉大な人と話してる僕がいる

 

お釈迦様、キリスト、マザー・テレサ、空海、ピカソ、

パラマンサ・ヨガナンダ、ナイチンゲール・・・

宗教家のひと、芸術家のひと・・・いろいろです

みんなその道のプロフェッショナルです、そして尊敬できる人です

 

一息ついてると・・・キリストがきて一人紹介してくれた

この人はサミエル・ウルマンさんです・・・と

ウルマンさんの波動を感じなさい・・・残りの人生に役立つから

 

ウルマンさんに心のもち方を聞きました・・・うーんとうなりました

『青春』の話は心を揺さぶられ魂が奮い立ちました

せっかくですのでその一部を載せさせていただきます

 

青春

青春とは人生のある期間を言うのではなくではなく 心のもち方をいう

人は信念と共に若く 疑惑と共に老いる

人は自信と共に若く 失望と共に老いる

希望ある限り若く 失望と共に老い朽ちる

 

大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大

そして偉力の霊感を受ける限り人の若さは失われない

 

ウルマンさんは人生の苦難を乗り越え、経験を積みあげたうえで

70代にこの詩を書かれたようです

70歳の私には・・すごくいい刺激を与えてくれたのです

生きる上で青春の心はすごく役に立ちます

 

世の世相が複雑で混沌とする今こそ・・・

心を強く持って生きる・・・尊い訓えです

最後にもう一つ付け加えておきます

ウルマンさんは“霊感”がいいと言っています(すこぶる好き)

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。


「精神論」

生きる上で大切なことは何ですか?

 

何か一つ言いなさいと、言われたら・・・

心、精神です・・・心の置き所が大切ですと

私はこの人をお手本にしています(迷わず即答です)

 

教育者、精神指導者、実業家として幅広く精力的に

活動されたお方です・・・

その方は・・・サムエル・ウルマンさんです

彼が70代に書いた詩「青春」・・・これがお手本です

 

青春とは心の若さである・・と

 

昨日の会話に戻します・・・肉体と精神のことです

私の中にいる精神と、私である肉体の調和の話です

年老いてくると肉体は思うようになりません・・・

精神は逆にたくましく強く思うように考えが働きます

自分の中にいる二人の自分・・・

 

会話の中で精神は肉体にわかりやすく思いやりをもって伝えました

肉体(私)は精神(私)の話にぐっときたのです

顔を精神からそらして窓の外を見ながらすすり泣いた

ぐっとうれしさと悔しさをかみしめながら・・・

しくしく、うるうると泣いたのです

 

一通り泣き止むとすっきりした顔で・・・承知しました

 

(肉体)右手の親指を突き出し・・・にっこりと微笑んだ

うれしさのあまり勢いよく握手を求めたが精神には手がなかった

仕方なく右手と左手を使い儀式を行った

右手が精神、左手が未熟な肉体・・

 

とても嬉しく素晴らしくありがたいです

本気で思って・・・力をギュッとこめて合掌

肉体は精神と手を組んだのだ

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。


「スパート」

11月もあと10日

スパートをかけます

仕事に生活にフルスピード

勢いづいてつまずいても、倒れても後悔しない

やるだけのことをやる・・・強い気持でやります

 

気持を高揚させて全速で走る

可能な限り、すべての力を出す

書いてて・・・何かちょっとだけひっかかる

気持はその気なんだけど、体がいまいちとでも言いますか

走りたいのだけど思うように体が動いてくれない

上下の歯と歯のかみ合う具合、奥歯の違和感・・・

ギコチナサが感じられる

 

日記を書いてるのは精神、ちょっと言いたいのは肉体

精神と肉体とのかみ合わせがミスマッチなのです

 

二人の私は丸いテーブルを囲んで向きあった

肉体:そんなに勢いづかなくてもいいんじゃない(年を考えてよ)

精神:気持ちが大事なのです・・・気持です

肉体:わたしは若くないんです、フルスピードなんて無茶ですよ

精神:それはそうですね。ごもっともです・・・しかしです

 

精神はここで一呼吸して・・・精神論を説いた

私(精神)はかねがね思っていたのです・・・

あなた(肉体)には承知していただきたいことがあります

「人生のピークを70代に持ってくる」と

 

あなた(肉体)と私(精神)は力を合わせる必要があります

年齢を重ねると肉体は衰えてきます・・・誰でもがそうです

しかし精神は衰えないのです・・・私があなたを支えます

 

肉体はこれから先のことが不安でしたが

精神の考えを聞いて安心しました

やっと自分は一つになった・・・

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。