「猛進」

十二支は・・・

ね・うし・とら・う・たつ・み・うま・ひつじ・さる・とり・いぬ・い

ね(ねずみ)から始まって、い(いのしし)で終わる

特徴は・・・

ねは・・・・行動と財

うしは・・・粘り強さと誠実

とらは・・・決断力と才知

 

なるほど・・・

今年の干支はイノシシです

イノシシの特徴は・・・勇気と冒険

 

なるほど・・・なるほど

 

よし、勇気をもって生きていく

よし、冒険心をもって仕事をする

 

人生を生きるには「勇気」は不可欠です

人生の岐路を乗り切るには勇気が必要です

病気を治すには心の力である勇気があれば治せます

弱気では治るものも治りません。

 

仕事も勇気と同時に冒険心が必要です

仕事は同じことを続けていては取り残されます

改善と改良そして開発が必要です

それには冒険心が不可欠です

 

危険を承知で、リスクを怖がらずに突き進まなければなりません

新製品の開発は当然お金がかかります

勇気も必要、冒険心も必要です

世の中は常に変化しています

変化に対応するにはチャレンジ、すなわち冒険心です

 

今年はイノシシ、猛進しましょう!

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。


「目標」

2019年1月1日

新しい人生の始まりは、あなたの夜明けです

あなたにとって大切な1年です

気持をしっかり持って思い切って一歩を踏み出しましょう

あなたの心はきっと力強いと思います

だって元旦ですから・・・

 

元旦に気持ちが萎えてたら話にもなりません

多く言うまでもないでしょう

今年一年を充実した年にするためには何かが必要です

何かとは「目標」です,人生を生きるには目標が必要です

 

例えば、貨物船が港を出ました

船は目的地に向かって進みます、積み荷を目的地まで運ぶためです

目的地がないと船の航海は大海の中に呑み込まれてしまいます

海はいつも静かではないのです、時化(しけ)る時があるのです

時化は、風・雨のために海が荒れることです。

嵐の中で貨物船は自然の力にやられちゃうのです。

人生でいえば生きている半ばで路頭に迷うことです

 

船は目的地があればそこに向かって進むことができます

時化がきたら最寄りの港に一時避難することができます

人生も同じことです

貨物船の目的地に当たるのが人生では「目標」です

多く言うまでもありません

誰でもが知ってはいますが・・・

目標を持って生きる人は少ないのです

 

今年こそは目標をもって生きることです

慣れていない人はこれが目標です

できる人は目標を明確にすることです

もっとできる人は

志しを大きく持って目標を掲げてください

世のため、人のためにです

 

目標を掲げて、大いに猛進してください

1年を終えるとき・・・

いい一年であったと思えるように

皆様の活躍を期待してます!

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。


「大晦日」

1年の最後の日です

12月のふりかえりと1年間のふりかえりです

 

<12月のふりかえり>

目標は気持ちの持ち方を重視した「イキイキ」でした

アメリカから帰ってきたばかりだったので

ロスの天使の波動をたっぷり使っての一カ月

あっというまに「イキイキ」で突っ走りました

とてもいい過ごし方でした

 

<1年間のふりかえり>

年頭に考えたことは

一度きりの人生だから、多くのことを学び

楽しい仕事をたくさんして、人の役に立つ

 

明るく愉快な性格で周囲の人を幸せな気持ちにする

豊かな気持ちで1年間を過ごす

 ●エジソンと落合陽一君の思考を学び仕事に活用する

 ●霊的生活を体験する

 

結果

エジソンと落合君の思想からは“クリエイティブ”を学び

『呼吸の魔法』を出版・・・2年ぶり

 

霊的体験は「聖シャンバラ」との出合いです

霊性意識・霊性を高める人たちに巡り合いました

7月から月に1回そこで学んでます

まだまだ未熟ではありますが意識は確実に前進してます

 

ということで、充実した1年間でした

 

今日はお墓参りに行きます

ご先祖様に“報告”と“感謝”です

 

お墓参りでスッキリしてあとは年越しそばを食べます

卵焼きとそばを食べながらお酒を頂きます

そばを食べたら、池上の銭湯に行き滝に打たれます

夜は呼吸をして心安らかに眠りにつきます

一年間…ありがとう!

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。


「あと2日」

2018年も今日を入れてあと2日

想い残すことがない、やり残すことがないようにするのが今日です

気持(心)のうえで悔いが残らないこと

気持(心)がすっきりすること

 

私が、すっきりするのは我が家の階段の掃除です

 

<階段の掃除>

4階建ての小さな建物ができてから30年になります

建物ができた時に階段の掃除をすることを決めました

理由は、家が新しくできたことへの感謝です

感謝の気持を忘れないように・・・

と言う思いで階段の掃除を始めました

 

新築の頃は月1回、1年に12回やってました

ここ数年は、回数が減っています

年の暮れの掃除は恒例行事、今年もやります

 

準備

●モップ4本・ワックス・洗剤

●バケツ2個・ビニール手袋・たわし

 

掃除

まず、タイルの洗浄です

バケツに水を7分目入れてそこに洗剤を入れます

この洗剤水をタイルにぬります、少し時間を置いて擦るんです

タイルについた汚れをたわしで全身全霊を込めて擦って落とします

この汚れ落としには意味があります・・・心の汚れ落としでもあります

 

腰を落として四つん這いの姿勢で

指先に力を集中させてタイルにご苦労さんと言いながら

丹田から気を出すんです

 

右手で汚れを落として疲れると、左手に変えて汚れを落とします

足の指先にグッと力を入れて踏ん張り、足心(足の裏)から

地の気(エネルギー)を吸い上げ、丹田に入れて、両腕を通って

指先へと気を送り、指先からでる気で汚れを落とすのです

洗剤水と気が一つになってタイルの汚れを落とします

結果は言うまでもなく・・・すこぶるきれいになります(本当です)

 

タイルの洗浄を終えたら、乾かしてワックスをぬります

階段の掃除は、私の1年間の心の煩悩を取る作業です

きれいになった階段は気落ちがいいです

私の心もすっきりです(笑)

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。

 


「感応力」

感応力・・・考えてみました

 

感応は人々が思う心に神仏が答えること

 

神仏が答えてくれる・・・ほぉ

これはいいことを知りました

使わない手はありませんね

 

もう少し身近な感覚でとらえてみます

感応の「感」は、文字通り感じる力

感応の「応」は、文字通り応じる力

感は心で受け止める感受性

応は心が答える心の反応性

 

感受性と反応性は一連の動きであります

感受性と反応性は連続に起こる変化です

二つは一つとしてとらえることが大切です

 

もう少し解釈を拡げてみましょう

心が外部から刺激を受けると感応するということです

刺激は五官で受けます、見る・聞く・触れる・味わう・臭うですね

いい刺激を受けると・・・いい反応をします

悪い刺激を受けると・・・悪い反応をします

 

ニュースを見て反応する

残虐な映像を見ると心は「負」の反応をします

平和な映像を見ると心は「正」の反応をします

このことは捨てておけませんね

 

毎日の出来事です

テレビを見る、新聞を読む、マスコミの情報を聞く・・・

あらゆるものが外から入ってきます

よくよく考えてみることです

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。