「エール」

九州から携帯にメールが来ていた

新しい本の校正に夢中になっていて気がつかなかった

翌朝気がつく・・・

 

すぐに九州に電話した

「どうしたの?」

 

「○○さんが病気で手術します

○○さんにエールを送って頂けたら・・・」

 

電話を切ってエールを送りました

 

この電話のやり取りで2年前の出来事を思い出した

近所の病院で私もガンを告知されました

結果はガンではなかったのですが・・・

運命の判定は・・・紙一重です

 

このときのことを思い出させられました

そして、今一度反省させられたのです

その結果は・・・

気持を引き締めて生きなさい

意識を丹田に降ろしなさい

意識を丹田から放してはいけません

 

私は丹田に集中して、ぐっと下腹に力を入れました

そして再度九州に・・・エールを送りました

 

人生は何が起こるかわかりません

何が起こってもうろたえないこと

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。


「心の整理」

一夜明けて・・・

今回の無意識への突入は思わぬことに気づかされました

これから先のことを考えて心の中を整理します

 

<心の中にはまったく違う自分が存在している>

1.自由にできる意識の自分は

目の前のことしか分からない

この心は・・・狭い了見の自分です

 

2.自由にできない無意識の自分は

前世での情報をもっている

この心は・・・宇宙的な大きな考え(真理)です

 

このことはとても重要です

 

目の前のことしか信じられない自分は

考え、気持、思案・・・すべてがケチです

これでは人生は幸せを望んでもとてもじゃないけど叶いません

いつも不幸せな道を進むしかありません

 

ところがもう一人の自分がいます

無意識に住む自分です・・・

自由にならない自分ですがケチではありません

ケチどころか大盤振る舞いをする度量を持っています

考え、気持、思案は・・・

とても大きくて奥行きがあります

 

狭い了見と真理は大きな隔たりがあります

真理の対義語は偽りです

ケチな自分は偽りの自分でもあります

こんな自分は嫌です、すぐに改めます

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。


「休憩」

無意識に突入して5日目です

月のパワーを借りて無意識に突入しました

無意識は私の想像を遙かに超えていました

 

アトランティスから始まり哲学者のプラトンに到着する

このようなことはまったく予測できませんでした

夢にも出てきたことは在りません

でも、無意識に突入したら・・・出会いました

無意識には何が潜んでいるかわかりません

きっと、前世で体験したことが詰まっているのでしょ

 

前世で体験したとすると・・・

アトランティスの時代に生きていた

何をしてたのでしょうね?

プラトンが出てきた・・・ということは

プラトンの時代にも生きていたのではないか?

そう想像すると楽しいね・・・

 

無意識という洞窟に入ったのはいいけど

随分深く入ってきたようです

真っ暗な闇の中の洞窟で過ごすにはまだ力不足です

一度地上に戻って体力をつけます

筋トレをして再度無意識に突入を試みます

 

1回目の無意識突入は大成功です

この辺で一度現実に戻ります

一休みです・・・

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。


「プラトン」

詩人から哲学を学んで15年以上です

随分長く学んだので無意識が受け入れてくれました

無意識はつぎの段階に進みなさい・・・と

 

無意識に突入した途端・・・

アトランティス・哲学・プラトンとつながったのです

 

プラトン・・・名前は聞いたことがありましたが

実際何をされた人なのか全く知りませんでした

調べるととんでもない人でした

プラトンはソクラテスの弟子で有名な人でした

まったく知りませんでした

 

どれくらいすごいか・・・

日本の縄文時代か弥生時代のころ・・・

このころにプラトンは生きていたのです

日本では槍や弓で狩りをしていたころに、

プラトンはすでに偉大なことを考え出していたのです

イギリスの哲学者ホワイトヘッドをして

『西洋哲学の歴史とはプラトンである』・・・と

 

学校も図書館もない時代にプラトンは哲学を学んでいたのです

そして、イデア論を思案するのです

イデア論

『日常にある「正義」や「美」は二次的なものにすぎない

それらの概念の実体は、天上界(イデア界)にある』

 

私が思うには・・・

「現実のものは、完全ではありません

ものの本質(イデア)を捉えることです」

人間で言えば、本質は魂です、肉体ではありません

イデアは宇宙の意識・・・宇宙意識です

 

プラトンに近づいてみます(笑)

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。


「アトランティス」

意識する心でアトランティスを調べた

 

アトランティス

古代ギリシャの哲学者「プラトン」が著書の中で語っている伝説の島

島でありながら、大陸ほどの大きさがあり

そこに住む人々は高度な文明を持っていた

アトランティスは傲慢さから神々の怒りにふれ、

天地異変により海中に沈められたと伝えられている

 

なるほど・・・

 

気になった言葉は「ギリシャ」「哲学者」「島」「神々の怒り」

 

ギリシャ

私はエーゲ海に行きたいとよく思っていました

エーゲ海の島にあるお城に住んでいる夢もよく見ます

 

私は瀬戸内の小さな島に生まれました

自然が豊かな島です、15歳まで過ごしました

 

ギリシャと島から想像できるのは・・・・

前世はギリシャに住んでいた、お城の王子様だった?

今世は日本の文化を学びに日本の島に生まれてきた

文化を学びながら魂を成長させる・・・

魂の成長には正しい呼吸を身につけなさい

魂の成長には哲学も必要です

哲学は日本の詩人から教わりなさい・・・と

 

詩人のお父さんは日本で有名な哲学者です

哲学者の息子から学びなさい・・・

それを怠ると神々の怒りを受けます

無意識はこんなことを考えていたようです

なるほど・・・なるほど!

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。