「10年ひと昔(気)」

聖書に書いてる文言

「はじめに言葉ありき 言葉は神と共にあり 言葉は神なり」

 

なるほど・・・

神の心は宇宙の心・・・

神の言葉は・・・即ち宇宙意識なるもの

なるほど・・・と思った

 

言葉を意識に置き換えた・・・

「はじめに意識ありき  意識は神と共にあり 意識は神なり」

 

意識には、

認識し、自覚し、思い、考える、という流がある

意識には、

意識を向ける、意識をきりかえる、という動きもある

この流れと動きの中で、呼吸を続けていたら

ある日、気がつくと「気」と出会った

 

「呼吸」を通して「気」に気づき

からだの中に気をめぐらせることを覚えてゆくと

強い精神力ができる

 

強い精神力は、

社会のしがらみ、人間関係、あらゆる人生の荒波を乗り越えられる

いやな気分を一瞬にしていい気分に変えることができる

 

ふーん・・・10年前はこんな自分がいたんだ

今も大筋では変わってはいないが・・・老いたのは事実

ふと浮かんできたのは・・・

初心に帰って、真摯な気持ちで「気」の勉強を・・・・と

気は呼吸の要だもんね・・・(笑)

・・・やります

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。


「10年ひと昔(言葉ありき)」

還暦の記念に本を出した

生まれて初めての自分の本・・・・

嘘みたいな本当の話

詩人の協力を得ながら出した最初の本

『呼吸が<こころ>と<からだ>をひらく』

 

あとがきに書いてることを10年ぶりに読み返してみる

 

聖書に「最初に言葉ありき」と書かれています

21世紀の今なら、

言葉のかわりに「意識」と書くかもしれません

「最初に意識ありき」というふうに。

 

なるほど・・・いいことを書いている(笑)

でも、よくこんなことをシャーシャーと書いたもんです

イエスさんに怒られますよね

言葉をかってに意識に変えたりして・・・

・・・穴があったら入りたいです

 

昔、若気の至りとはいえ

言わなくていいことを言葉に出して・・後で後悔する

反省して二度と同じ過ちはしないと誓った

にも拘らず・・・言ってはいけない言葉がふと出る

また後悔・・・

若気の過ちから言葉の大切さを痛感したのでしょうね

 

「はじめに言葉ありき」・・・心に焼きつけます

 

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。


「10年ひと昔(学ぶと気づき)」

10年前に考えてたこと

「教わる」というより「学ぶ」という考えを大切にする

「学ぶ」ということは、自らのちからで「気づいていく」ということです

つまり、気づきは人間の眠ってる能力を開発するのです。

自分でも知らなかった能力を引き出す・・・と。

 

私は瀬戸内の小さな島で育ちました

両親の愛情、温暖な気候、おだやかな海・・・とても良い環境でした

島に住んでるときは気づかなかったが・・・

時間が経過して・・・

 

学ぶことを学習したおかげで

温暖な気候とおだやかな海に育まれた感性に恵まれている

ことに気づいたのです

 

10年前に自分で書いていながらすっかり忘れていました(笑)

あらためて生まれ育った土地、私の故郷に感謝してます

 

整理します

「学ぶ」とは「気づく」ことです

学ぶことを続けてると自ずと気づきが生まれてきます

 

呼吸を学び・・・

自分のまだ知らない能力を見つける

心の奥深くに眠ってる

自分の潜在する力に気づく

とてもすばらしいことです

 

風邪の光明かな(笑)

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。


「10年ひと昔」

10年ひと昔とはよく言われます

風邪をひいたのがきっかけで・・・

10年を一区切りしてみようと・・・

 

10年前は60歳

会社を退職して5年目還暦を迎えた年

還暦の記念に本を出しました

黄色い表紙の『呼吸が<こころ>と<からだ>をひらく』

 

あとがきに次のようなことを書いてるのです

「教わる」というより「学ぶ」という考えを大切にする

「学ぶ」ということは、自らのちからで「気づいていく」ということです

つまり、気づきは人間の眠ってる能力を開発するのです。

自分でも知らなかった能力を引き出す・・・と。

 

いいことを書いてるな・・・(笑)

 

作文一つ書けなかったにもかかわらず・・・

ぼくが作文を一つ書いて持っていく

呼吸レッスン前に詩人がチェックしてくれる・・・毎週です

このおかげですけど・・・

 

本を出すきっかけは、詩人が本を出しなさい

この一言で・・・チャレンジした年でした

その後・・・6冊も出すことができてる

いまは毎日ブログを書き込んでます

 

あれから10年・・・

書くのが好きになり習慣になっちゃいました

こんなこと想像できませんでした

人って変われば変わるもんです

不思議です・・・(笑)

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。


「1月の中間地点」

1月も早半ば・・・

中間地点に差し掛かりました

 

ここまでのふりかえりをします

ふりかえりは・・過去のことを考えるとか省みること

あっさりと言えば反省ですね

 

お正月は・・・駅伝を見て池上のお風呂に行って毎日極楽

4日から6日までジムでトレーニング

仕事はじめは6日・・・またお休み三連休

10日に突然風邪をひく・・・いきなりのどが真っ赤っか

10日から今日までの仕事は早稲田大学の呼吸学一つ

他の仕事は全部キャンセルまたは延期にした

 

理由は熱とのどの痛み・・・

反省はしてみたが・・・これといった理由がみつからない

 

試案した結果・・・守護霊に聞いた

僕:なぜ風邪をひいたのですかね?

守:三次元の物質的な考えではわかりません

僕:言ってる意味がよくわかりません

守:顕在意識で考えても答えは出てきません

僕:どういうことですか?

守:潜在意識の奥の霊性意識に関係する事だからです

 

頭で考えてもわからないという意味らしい

 

僕:「霊的」と関係しますか?

守:そういうことです

僕:霊的成長をする・・・これですね

守:「苦しみ、痛み」を伴わないと霊的成長はないのです

僕:よくわかりました

 

本当かね(笑)

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。