「驚いた」

正直言って・・・(私は)詩は解りませんが

『谷川俊太郎展』はよかったです(笑)

 

家に帰って招待券を再度見た・・・

最初に招待券を手にした時を思い出す・・・と

詩人の居間でもらったのです

「良かったら見て」・・・と

 

手にした招待券は・・・

パッと見たときは何だか分からない・・(おかしなものをくれた)

いま、再び見てみると・・・

なかなか手が込んでいる・・・それはそれとして

左上に日本生命と書いてる?・・・下に目を移すと

主催:朝日新聞

協賛:日本生命

 

新聞が売れないと言っても・・・天下の朝日新聞です

日本生命・・・保険に入っていませんが知っています

驚いたね・・・

 

協力:

パナソニック株式会社、ヤマハミュージックジャパン、

株式会社渋谷文泉閣、株式会社山田写真製作所

 

文泉閣と写真製作所は‥‥どうってことはありません(失礼)

パナソニックがどうして詩人と関係あるのか

ヤマハは音楽でしょ・・・詩と関係ないんじゃない

そういう考えじゃないのか?・・・そうか分かった

スポンサー・・・スポンサーです

 

本人と15年間毎週会っているが、一度も驚かなかった

1枚の招待券を見て・・・さすが詩人だ

いいスポンサーがついている・・・これには驚いた(笑)

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。


「谷川俊太郎展」

たしか昨年の暮れだったと思う・・・?

あれからずいぶん時間が過ぎました

 

「どうしたのですか?」

 

大きな声で言えないの・・・

というのは・・・

詩人(谷川俊太郎)から招待券をいただきました

『谷川俊太郎展』・・・あと少しで終わりです

(1月13日から始まって3月25日まで)

 

行かないとまずいよね(笑)

生徒からは「とてもいいです」

中には「泣きました」という人もいました

「なぜ?」と聞いたら・・・

詩を読んでいたらジーンときました・・と

 

すこぶる好評のようです

私は“とても嬉しいです”

 

正直に言いますと…ただ(無料)は外れが多いのです

以前も詩人に誘われていきました・・・

「吉田拓郎まで行かないけど・・・

小室さんと賢作(詩人の子供)のライブがあるから」

いったら話しばっかり・・・面白くもおかしくない(笑)

隣に詩人がいたから…帰るに帰れない

歌ったのは最後の5分くらい

紹介されて食事に誘われましが、あっさり断りました

ただは怖いのです(笑)

 

しかし、『谷川俊太郎展』は・・・よかったです

まだ見ていない人・・・見てあげてください

東京オペラシティアートギャラリー・・でやっています

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。


「丹田まわし」

3月17日の補習授業はワクワクでした

授業をする1週間前からワクワク・・・

授業を終えたあともワクワク・・・

 

<1週間前からワクワク>

理由は

昨年(第六期リーダー)を修了した植村さんからのお手紙です

きれいな字で真心がこもった手紙をいただきました

 

「春のあたたかさを感じるようになりました・・・

庭には春風がやさしく吹き、桜の花びらが美しく舞っていました

あれからはや一年になろうとしています・・・

夫の東京勤務が終了し、地元である高知へ帰任します・・・」

 

植村さんは三人家族(夫と三歳の子供)、東京での赴任生活を終えて

故郷へ帰る・・・高知へ帰ると

 

肝っ玉母さんのダイナミズムが漲っています

「高知でしっかり地に足をつけてやります」

「不思議なもので、手紙をしたためている今も、

丹田からエネルギーが出ているのを感じます」

 

この手紙を何度も読み返しました

熱くなるものを感じます・・・、

何度も読み返しているうちに湧き上がってきたのです

創造する力が働き・・・一つのメソッドをつくりました

 

ヒントは「丹田からエネルギーが出ている」・・・丹田です

丹田をつくるには、腹を練ることが必要不可欠です

「腹を練る」・・・すなわち胆力をつくる

「丹田まわし」・・丹田をつくる

 

このメソッドは補習授業でやりました

・・・とても好評でした(本当です)

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。


「南無大師遍照金剛」

僕は空海さんと友達です

友達の空海さんからは随分助けていただきました

友達の掟は・・・相手が困った時に助けてあげる

これが友達です

 

私も経験を重ねて少し成長しました

この辺で今度は私が空海さんを助けてあげる(笑)

そんなことは出来ないのですが・・・

気持の上で・・・何とかしてあげたいと

 

そこで私は空海さんに次のように申し上げたのです

「私を差し上げます。自由に使ってください」

すると、空海さんは笑いながら・・・

次のようにお答えくださったのです

 

『南無大師遍照金剛』と唱えなさい・・・と

 

私は聞きました

『南無大師遍照金剛』・・・どういう意味ですか?

空海さんは・・・(照れながら)

(小さな声で)弘法大師空海に帰依するという意味です・・・と

(さらに小さな声で)

「太陽のごとくすべてを照らす慈悲の持ち主」という意味も含まれています

 

私はしばらく返事ができませんでした

「前向きに考えます」といって別れました

 

家に帰ってよく考えました

・・・空海に帰依する

友達から昇格して空海の弟子になる

弟子になります

『南無大師遍照金剛』・・・毎日100回唱えます

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。


「一の字、積の字、畏るべし」

ひょんなことから見つけました

 

偶然、突然、いきなり・・・飛び込んできました

 

「一の字、積の字、畏るべし」

この言葉は今まで一度も聞いたことがありません

全く知りませんでしたが、私は強く刺激を受けたのです

 

はじめて見つけたのです・・・

はじめてと思えないほど…親しみがあります

ずっと昔から知っていたのに忘れていた

心の奥底に沈んでいたのが浮き上がってきた

そんな感じのする言葉です

 

「一の字、積の字、畏るべし」・・・いいでしょ

「言志四縁」(佐藤一斎)に書いてる言葉です

西郷隆盛が肌身離さず持ち歩いていたのは有名な話

 

一の字は最初の一歩

積はその積み重ね

世の中の事はすべてこれに尽きる・・と

 

自分を律する何か、自分を高める何か、自分を鼓舞する何か

何かに挑戦するはじめの一歩が「一の字」・・・

 

継続は力なりという言葉があるように

思い立った時から続けてこそ実力となる「積の字」・・・

 

人生は一の字と積の字の組み合わせです

決めたことをコツコツ続けると・・・身につきます

「一」と「積」は・・・畏るべき

なるほど・・・なるほど

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。