「ツィッター」

見切り発車・・・。

 

ツィッターのことを“つぶやき”と言うそうです

誰でも知ってることなのでしょうけど、

僕は知りませんでした。

 

 

つぶやくを辞書で引いてみた

小声で独り言を言う・・・

 

独り言・・・・

小声・・・

 

冗談じゃーないよ・・・

そんな器用なことできません(笑)

 

 

一人でぶつくさぶつくさ、

歩きながら言ってる人

時々見かけます

 

電車の中にもいますよね

あれをやれっていうこと・・・

 

制約もあって、

1回140字以内のコメントを書き込んで発信する・・・らしい

 

ツィッターをやれって言ったのは詩人です

本当に無責任なんだから・・・

でもやります(笑)

 

Challenge!

 

ツイッターのURLです。

https://twitter.com/katotoshirou

 

フェイスブックのURLです。

http://p.tl/1fN3

 

 


「フェイスブック」

今、チャレンジしています。

 

ホームページの改善、フェイスブックの立ち上げ、ツイッター・・・

 

昨年から、チャレンジしてたのですが・・・

うまくいきませんでした

ひょんなことから縁ができて

「チーム加藤」を作りました

はじめは三人でスタート、

一人加わり、また一人

5人組のチーム加藤です

 

僕が勝手にそういってるだけですけどね(笑)

 

責任者:katou

書記:サイトウ、IT:ムラタ、相談役:カワグチとササキ

 

なんとか、立ち上げて、もう少しでお披露目です、

うまくいけば、今日にでも公開します

うまくいかなくても、公開します(笑)

走りながら作っていきます

URLです。

http://p.tl/1fN3

 

「フェイスブック」を作りなさい

といったのは、無責任な詩人です(笑)

社会的にはとても信頼されてる人です、

温和で知的で多くの人が詩人に好意を持ってます。

僕も好意を持ってる一人です(笑)

 

詩人は無責任ではありますが、

僕のことを後押ししてくれてる尊いお方なんですよ

だから、詩人がいうことは何でも聞き入れます

だって今の僕があるのは詩人のお蔭です(笑)

 

Thanks for your kindness.


「娘が帰ってきた(2)」

1月20日

AM5:30

炬燵に入って娘が寝てる。

昨日、後姿をちょっと見ただけだったので、今朝は娘の寝顔を

見ようと思ったが、部屋が暗くて顔が見えない。

まだ一度も顔を合わせていない父と娘・・・(笑)

 

仏様にお線香を立て、

家族の安全を・・・生きてることに感謝する

 

AM6:00

玄関を開けて、自転車を外に出した

家の周りを掃除して、

水を打つ・・・凛とする

 

 

そうそう、外猫のクマちゃんが、

のこのこ倉庫から外に出てきた

大きく背伸びをしてる

 

身体をぶるぶるっとふるわせて

地面に寝転がった

横目で僕を見てる

腹に気を入れろ

 

右手をクマちゃんのお腹にあてて

愛の気を入れること3分

猫は身体を反転させ

反対の腹に入れろと態度で示した

 

気を入れると猫は気持ちよさそうに

あごを突き出し、目をつむった

 

AM6:20

部屋に戻るとまだ娘は寝てる・・・

いつになったら、父と娘は顔を合わせるのだろう・・・?

 

When are you free?


「娘が帰ってきた」

1月19日(日)AM6:00

我が家の主(あるじ)の部屋に、朝のあいさつにいったら、

娘が炬燵に入って仕事をしてた。

 

娘がアメリカから帰ってくることは聞いていたが、いつ帰って

くるかは知らなかった。

普通の家族なら・・・連絡があるのが当たり前

家の主(あるじ)・・・「娘がかえってきましたよ」

娘・・・「お父さん帰ってきました」

 

・・・たぶん、こんな感じだよね(笑)

・・・携帯があるんだもんね。

 

まあーいいか・・・娘の後ろ姿(座って仕事してる)を見て

うん、うん、うん・・・背筋が伸びてる

いい感じだなと心で思ったが口には出さなかった。

 

 

<父と娘の会話>

父:どう調子は?

娘:うん・・・いいよ

父:ワーキングビザ取れそう?

娘:大丈夫だよ(やけに落ち着いてる)

父:アメリカにいつ行ったらいい?

娘:忙しいから、あとで

 

父は娘の顔はまだ見ていない、後ろ姿に数分話しかけて、

リーダークラス養成の仕事に出かけたのであります。

 

To be continued.


「デジャーヴ」

初めての場所なのに、なんだか懐かしくて、

いつか見たことがある気がしてくる。

いわゆるデジャーヴってやつ。

・・・

・・・

あれ、なんなのでしょうね。

デジャーヴの原因に関しては、諸説あるようだ。

①   脳の回路の混線。つまり脳内に入ってきた信号が「認識」に至る前に、

記憶の回路を通ってきてしまう。

②   人間の脳は、類似した記憶がいくつか合致すると細部をすっ飛ばして

「見たことがある」と思い込む。言ってみれば、曖昧な目撃証言を積

み重ねただけの誤認逮捕ですな、警部。

③   すでに見た夢の記憶である。フロイト説。

 

 

こんなことを書いてるのは作家の萩原浩さん・・・。

デジャーヴ・・・聞きなれない言葉に引っかかった

 

僕は仕事柄旅をよくします、

 

初めての駅に降りて、

ここ来たことがあるぞ・・・

東北の見知らぬ街をぶらぶら歩いてて、

昔、女と生活してた・・・

アフリカのダカールから奥地に500キロ行ったとき、

ここは前世で住んでた・・・

 

というようなデジャーヴ的な感覚にはなったことがない

 

僕のデジャーヴは夢の中・・・

エーゲ海の島

白いお城に住んでた・・・

 

生きてるうちに一度エーゲ海に行こうと思ってる

夢の中でのデジャーヴはフロイト説・・・?

ふーん・・・フロイトね

 

東北新幹線帰りの車中・・・

ビールを飲んで、うとうと・・・夢の中

 

I‘m free today.