「大神神社・三輪山」

大神はおおみわと読みます。

日本最古のパワースポット・・・20年ぶりの登拝、

 

 

大神神社の神

1.巳の神杉

樹齢600年以上の大木には大物主神(おおものぬしのかみ)

が蛇に姿を変えて生息していると言い伝えられる神木。

 

ちなみに、蛇は卵が好き、卵を三個食べると願い事がかなう(笑)

・・・本当のことは定かでない

 

2.三輪明神の鎮魂詞(いのりのことば)

「幸魂(さきみたま) 奇魂(くしみたま) 守り給へ

幸給(さきはへたま)へ」

 

つらい時の神頼み・・・三度繰り返すといい

縄文・弥生時代から伝わり多くの人が信仰してる

実際にやったことがないので事実はわからない

 

 

三輪山へ

20年前の神聖な場を求めて、御神体である山に1時間かけて

登った、はじめて登った時は、山の神が宿るという御神木に両

手をあてて丹田で息をしたら、丹田がぐるぐる、ぐるぐる回った

あれから20年、再現があるのかないのか?

 

あらー、あらら・・・、御神木がない

 

正直にいうと、大神神社、三輪山ともに“清く・尊く・美しい

波動にはほど遠く・・・残念。

神様でも日々の努力を怠ると波動の質が落ちるのかもね?

それとも引っ越しでもしたのかしら?

 

That’s too bad!

 


「東海道新幹線」

東海道新幹線。

すいすいと軽快に西へ西へ進む東海道新幹線、

東海道とくれば富士山・・・

 

 

坂本龍馬が東海道を京都から江戸に上っていく時に見た富士山

と同じ富士山・・・。

竜馬は富士山を見て感動したそうだ

そして決意した・・・日本を変えると、

 

 

山岡鉄舟は“幕末の三舟”のひとり、肝が太く無私無欲、

彼は「晴れてよし 曇りてよし 富士の山」・・・いいでしょ。

 

一富士二鷹三茄子(いちふじにたかさんなすび)

昔から富士山は縁起がいいだね、

 

 

15歳の時、集団就職で列車から見た富士山は

これが富士山・・・

45歳の時に、坂本龍馬の心境でみた富士山は

雄大だなー・・・

66才で見る富士山は、よぉー「日本一」

世界遺産だったね、よぉー「世界一」

 

中村天風(なかむらてんぷう)は

身に病があろうと、心まで病むことない「晴れてよし 曇りてよし

富士の山」事あるときも、事なきときも動じない心境が運命を切り

拓いていく。

 

どうだまいったか!

 

You win.


「朝の露天風呂」

5時55分、朝の露天風呂。

お勤めを済ませ、仕事(ブログを書き込み)も済ませて

“よーし”という感じで宿の露天風呂に・・・。

今日はやけに気合が入ってる、

 

だれもいない・・・しめしめ

 

まず、かるく湯につかって肌を温泉になじませます

3分、5分・・・温泉水と皮膚が融合

湯煙の中にいる自分・・・幻想的

感覚・・・きもちいい

 

 

露天風呂は広くて厳粛・・・のびのびしてるんです、

磐座(いわくら)があり、となりに灯篭(とうろう)が建ってる

囲いがなくて視界がきく、正面は緑の草原

石畳の上を湯から上がり裸で歩く

秋のそよ風が全身を包み込んでくれる

高原の風は精霊がいると言われる・・・山の神

 

裸と風・・・合います

波動(山の神)が全身の細胞にしみこんだところでもう一度

温泉に入る

 

呼吸です

①    ブッダの呼吸

②    水中花呼吸

 

ブッダの呼吸は内臓を肋骨の中にいれてお腹をぐるぐるまわす

超ウルトラ呼吸です

水中花は頭までお湯に沈めて湯の中でする呼吸、

身も心もスッキリ・・・さあー仕事です

 

Very good!

 


「乳頭温泉のブナ林」

酸素がいっぱい、息をすると空気がおいしい。

足元は落ち葉がたくさん、ふかふかして歩くのに優しい。

東京では味わえない、乳頭温泉のブナ林。

 

田沢湖駅から車で30分、国民休暇村のわきの道から山の中に

入っていきました。1分も歩くとブナ林・・・、

なかへ中へはいっていった。

5分も歩くとブナの森林浴・・・、

 

 

「けもの道」・・・ブナ林ではカモシカが生息してるらしい、

けもの道は動物が歩きいつの間にかできた山中の細い道です。

けもの道にはいるとカモシカと会うチャンスが増えるんです。

 

今日はあいにく出会わなかった・・・。

 

ブナ林には、リスやムササビもいるらしい

・・・見たわけではないけど

リスに会うには朝早くがいいみたい。

 

 

だれもいない遊歩道を一人で歩いた・・・、

ブナの木の間に立って呼吸をした、

意識を丹田に下ろして、ゆっくりと息を吐いた、

一回、二回、三回・・・心がきれいになった。

 

空気がおいしい、

酸素があまくおいしい。

ブナ林は癒しの場と言われてる・・・本当だね。

 

・・・雨が降ってきた、

ブナが雨を吸って生き生きと輝いてるのを見た。

まるで宇宙・・・コスモス林

 

I’m walking on air.

 


「リス、スイカ、カメ」

2泊3日の東北の旅。

車中にある雑誌トランヴェール、みるところは萩原浩さんのエッセイ。

 

「長旅はヒマですよね。

しりとりでもしませんか。

では、しりとりの「り」から。はい。」

 

こういう切り出しではじまったしりとりのおはなし、

家族4人で旅行のときは必ずやるんですって、

ルールが結構複雑なんです、

ジャンル縛り、「食べ物」「地名」「人物」とか、

人物をさらに細分化した「ミュージシャン縛り」

 

こういうのもあるんです、

家族4人中、本人以外の3人が知らない言葉はNG、

文字数縛りというのもあるそうです、「5文字縛り」ですって

「リクエスト」「唐辛子」「新聞紙」こういう感じです。

 

ジャンルと文字数、両方縛りにするとかなり壮絶なバトルが楽

しめるそうです。

 

 

僕はいつも一人旅なので気軽に、普通のしりとりです、

「しりとり」ずいぶん昔のことです、

車窓から外を見ると秋晴れです、よーしこれから始めます

「秋晴れ」「レンコン」・・・あれー、もうおしまいです

ちょっと早すぎるね、「ん」で終わるとNGだからね(知ってるよね)

 

もう一回、

「秋晴れ」「レイチャールズ」・・・・・・・

「ず、ず・・・」・・・「ずきん」あれー、どうもうまくいかないね、

 

仙台につきます、これでいきます

「仙台」「イナゴ」「ごはん」・・・アレー?

 

What’s the matter?