「心のはたらき」

心は人間の体のなかにあって・・・。

喜怒哀楽とか快不快・・・、善悪、美醜などを判断する。

 

・・・その人の人格を決めるものを心と定義する。

「豊かな心」「心の広い人」「心の支えになる人」

 

大げさになっちゃいましたね(笑)

 

でも本当に大事なんですから・・・、

人生は心の置き所で決まるんですよ、

心で思うことが時間を経過すると、肉体に人生に現れるんです。

あなたが喜ぶこと、悲しむことが現象として出てくるんですよ、

 

 

どうです、ならばちょっとくらい大げさになってもいいでしょ(笑)

心が大事ですよ、

心は生きていくうえで最も大切なのですよ。

 

 

あなたの気持ち感情も心なんです、知ってた(笑)

相手を思いやる気持ち、誠意をもって接する立ち振る舞い、

思いやるとか誠意・・・・気持ちです。

 

逆に、この野郎とか、あのひと嫌ね、

・・・何様だと思ってんのよ、

あんた・・・バカにしないで!

と思う気持ちもそうなんですよ

 

 

本当の気持ちを聞かせて、

彼/彼女と、こんな会話したことあるでしょ、

先生とか親とも、あるんじゃーない。

 

表面には出さない思い、考えも心なんですよ

See you tomorrow.

 


「人世について」

人生じゃーないよ、人世(じんせい)です。

人世とは、世の中のこと、世間・・・、浮き世。

 

 

“浮き世” ・・・あまり使われなくなったね、

 

憂き世(つらい世の中)と浮世(ふぜい)(はかない世の中)の

二つの意味が重なりあったことばが“浮き世”ですって。

つらいは・・・つらいだね

はかないは・・・もろくて長続きしない、消えてなくなりやすい

今の世の中はその通りだね、

 

 

何とかしたいよね、

じゃー、どうするか?

 

意識を変えることです・・・考え方、思考を変えること。

僕の中には、“つらい”とか“はかない”という言葉はないんです。

マイナスの言葉、否定的な言葉を心の中から消してるんです、

 

・・・生徒からの相談で“つらい”という言葉はよく聞きます、

心の中から消してても、聞くとそう思います、

 

この時です、

つらい、はかないと思ったときは、自分が成長するときが来たと

考えます。他人に困ったことが起こった時、いまが一緒に成長す

るときだ、という考えをするのが僕の考えです。

 

そして、息を吐きます。

丹田に意識を下ろして、丹田で息をゆっくり吐くんです。

気持ちが落ち着いてくると、つらい言葉は消えてます。

消えるまでやることが肝要だね。

 

詩人から浮世離れしてるって、・・・時々言われます(笑)

 

Very important!

 


「まとめる・・・ちから」

漢字で書くと纏める。

 

バラバラなものを集めて一つにする。

整理したり、折り合いをつけたりして、望ましい形に落ち着かせる、

形をととのえるという意味。

 

 

「荷物をまとめる」「報告書をまとめる」「考えをまとめる」

「部下をまとめる」・・・エトセトラ。

 

 

“まとめる”という言葉は、

使い慣れててあまりありがたみを感じていないけど、

よくよく考えてみると・・・なかなかの重みがあります、

まとめる力がつくと役に立ちます・・・とても、とても重宝です。

 

似た言葉をひろってみます

解決、締め括(くく)る、落着、集約、揃う、整う、調う。

どうです・・・なかなかでしょ・・・力があるよね。

言葉には意志があると言われるけど、本当だね。

 

 

“まとめる”ちからを養う方法を伝授しましょう、

 

引っ越しの際に段ボール箱に食器を入れる作業を体験するといいよ。

“まとめる”ということがどういうことか理解できると思います、

ぜひ一度引っ越しのお手伝いをしてください、

一石二鳥は、引っ越し屋でアルバイト、お金を頂きながら学ぶ。

 

食べ物屋でアルバイトもいいですよ、

こちらは食事がつくと思います・・・お金と食事つき、お得なバイト、

担当は洗い場です、食器洗い器にお皿、お椀、お茶碗、小鉢、コップetc

・・・“習うより慣れろ”です。

 

Practice makes perfect.

 


「貸事務所入居者募集」

昨日「耳寄りとは・・・」を書いてひらめきました。

 

耳寄りな情報と呼びたいけど、

限られた人への一方的な話なんです(笑)

 

正直にいいますと、食べて行くための手段として書きました。

家族を養うために、お国に税金を払うためにです。

 

どんな情報かって?

 

僕、新橋に住んでるんです、

小さなマッチ箱のようなビルディング4階建です。

2階が空いているので2階事務所の入居者募集です。

現在不動産屋さんにお願いしてるけどまだ決まらないので、

家の主(あるじ)に“檄を飛ばされた”からです(笑)

困った時の神頼みならぬブログ頼み・・・ということです。

 

 

貸事務所

①    4階建2階部分

②    新橋駅から8分、御成門駅から4分

③    17坪、春には目の前の桜が満開になる

④    賃料・相談に応じます

ツキのある場所だから、仕事の運気が上がるかもよ(笑)

 

詳細は不動産屋さんと・・・

決まった場合は、紹介者にはお礼があります

呼吸のレッスンまたは、カウンセリング、またはcash。

 

Yes、please.

 


「耳寄りな・・・」

耳寄りとは、・・・聞くに値すること。

・・・聞いて知っておくとよいことが起こる。

 

・・・「耳寄りな情報」とでも言いますか?

こちらからの一方的な話ではあるんです(笑)

 

白川夜船(しらかわよふね)。

京都を見学したふりをする人に、白川のことを聞いたら、

夜、船で通ったから知らぬと答えた話から、

・・・よく眠っていて何も気づかないという意味。

 

 

そこで、白川夜船、

深く眠り込めば何事もわからず、

ぐちゃぐちゃ考えてた頭が一時停止してる状態、

このときに心の眼に意識を向けて心の窓を開く。

 

心の窓を開くとは、第三の眼・・・心眼を開くことなり、

 

心眼はね、物事の真実の姿をはっきり見抜くことが出来る

ことを言います、頭はさわやか、“空”なんです。

この時は目をつむっていても心の目で見ることが出来るのです。

 

 

吾輩は猫である、夏目漱石の小説の中より、

「彼の腹の中のいきさつが手にとる様に吾輩の心眼に映ずる」

 

どうです伝わってますか?

“夢は夜ひらく”・・・歌の文句じゃーないけど、

人の才能は夜ひらくのです・・・ぜひ覚えててね、

 

季節的に今がチャンス・・・秋声(しゅうせい)を聞きながら眠ると

いいんじゃーない。

 

Lucky!