「磁場・・・」

磁場の影響で人間の細胞が良くもなり悪くもなる。

 

磁場がねー、

磁石のNとS・・・たしかに強いと感じる

電気・・・静電気・・・びりびり・・・するする

電磁場・・・

携帯を耳にくっつけて長く話すと気持ち悪くなる

パソコンも似たようになった・・・今は慣れたけど。

 

 

気(エネルギー)もそうかも・・・、

人の気はわかりやすい、

嫌な人の気は、そばにいると気分が悪くなるね

好きな人の気は、そばにいるだけで心が和むね

 

髭の手相師が言ってる、磁場で人間の細胞が変化する

筋肉や筋が影響を受ける・・・なかなかだね(笑)

こうして整理してみると納得。

 

 

磁場は、わずかな磁場があれば、その磁場によってエネルギーを

生み電圧が発生、電流が流れる仕組みになってるんですって、

その電流が磁場をつくる・・・本当らしいよ。

 

この磁場が最初にあった磁場と同じ方向のものになるならば、

このサイクルによって磁場は増大し、ある値で維持する。

どうもそういう性質を持ってるのが磁場ですって。

 

磁場は呼吸に似てるんです(笑)

ここだけの話

呼吸をもっともっとやれやれって、

世界を股にかけて、飛び回れって(笑)

 

どう、信じられますか?

 

Unbelievable!

 


「大阪・髭の手相師」

大阪の空は雲一つないすみきった青い空。

大阪に何度も来てるけどこんなにきれいな空ははじめて、

・・・快晴・・・気分いいです。

 

髭の手相師

一昨年、満月の日に宇宙エネルギーを使って人体実験をしたが失敗

・・・顔にやけどを負ってしまった、

病院に行けないので、アルミホイルを重ねて額に巻き付け第三の目

から静電気を放電して治したという・・・あやしい髭の手相師、

 

・・・生きてるのか死んでるのか?

・・・行ってみなければわからない

 

いたいた・・・日焼けしてすこぶる健康的!

 

手相師の話

宇宙の回転・・・宇宙は動いてる

地球は自転している。一日4万キロ動き、時速1700キロで飛んでる

飛んでるとエネルギーが発生する、

回転するエネルギー・・・回転が磁場を生み、磁場が人間に影響を与える

 

人間の筋肉を伸縮させてる

肉体の生命…細胞に影響を与えてるというんです

 

フォトン(光)の1300年周期が昨年にあたる、

今、磁場が1300年前と同じ状態にある・・・というのです(笑)

 

「大神神社、三輪山ともに清く・尊く・美しい波動にはほど遠く

・・・波動の質が落ちるのかもね?」

 

と書いたの覚えてる、髭の手相師の仮説でいえば磁場(波動)が

汚れてる・・・どう思います、この話

 

Unbelievable!

 


「大神神社・三輪山」

大神はおおみわと読みます。

日本最古のパワースポット・・・20年ぶりの登拝、

 

 

大神神社の神

1.巳の神杉

樹齢600年以上の大木には大物主神(おおものぬしのかみ)

が蛇に姿を変えて生息していると言い伝えられる神木。

 

ちなみに、蛇は卵が好き、卵を三個食べると願い事がかなう(笑)

・・・本当のことは定かでない

 

2.三輪明神の鎮魂詞(いのりのことば)

「幸魂(さきみたま) 奇魂(くしみたま) 守り給へ

幸給(さきはへたま)へ」

 

つらい時の神頼み・・・三度繰り返すといい

縄文・弥生時代から伝わり多くの人が信仰してる

実際にやったことがないので事実はわからない

 

 

三輪山へ

20年前の神聖な場を求めて、御神体である山に1時間かけて

登った、はじめて登った時は、山の神が宿るという御神木に両

手をあてて丹田で息をしたら、丹田がぐるぐる、ぐるぐる回った

あれから20年、再現があるのかないのか?

 

あらー、あらら・・・、御神木がない

 

正直にいうと、大神神社、三輪山ともに“清く・尊く・美しい

波動にはほど遠く・・・残念。

神様でも日々の努力を怠ると波動の質が落ちるのかもね?

それとも引っ越しでもしたのかしら?

 

That’s too bad!

 


「東海道新幹線」

東海道新幹線。

すいすいと軽快に西へ西へ進む東海道新幹線、

東海道とくれば富士山・・・

 

 

坂本龍馬が東海道を京都から江戸に上っていく時に見た富士山

と同じ富士山・・・。

竜馬は富士山を見て感動したそうだ

そして決意した・・・日本を変えると、

 

 

山岡鉄舟は“幕末の三舟”のひとり、肝が太く無私無欲、

彼は「晴れてよし 曇りてよし 富士の山」・・・いいでしょ。

 

一富士二鷹三茄子(いちふじにたかさんなすび)

昔から富士山は縁起がいいだね、

 

 

15歳の時、集団就職で列車から見た富士山は

これが富士山・・・

45歳の時に、坂本龍馬の心境でみた富士山は

雄大だなー・・・

66才で見る富士山は、よぉー「日本一」

世界遺産だったね、よぉー「世界一」

 

中村天風(なかむらてんぷう)は

身に病があろうと、心まで病むことない「晴れてよし 曇りてよし

富士の山」事あるときも、事なきときも動じない心境が運命を切り

拓いていく。

 

どうだまいったか!

 

You win.


「朝の露天風呂」

5時55分、朝の露天風呂。

お勤めを済ませ、仕事(ブログを書き込み)も済ませて

“よーし”という感じで宿の露天風呂に・・・。

今日はやけに気合が入ってる、

 

だれもいない・・・しめしめ

 

まず、かるく湯につかって肌を温泉になじませます

3分、5分・・・温泉水と皮膚が融合

湯煙の中にいる自分・・・幻想的

感覚・・・きもちいい

 

 

露天風呂は広くて厳粛・・・のびのびしてるんです、

磐座(いわくら)があり、となりに灯篭(とうろう)が建ってる

囲いがなくて視界がきく、正面は緑の草原

石畳の上を湯から上がり裸で歩く

秋のそよ風が全身を包み込んでくれる

高原の風は精霊がいると言われる・・・山の神

 

裸と風・・・合います

波動(山の神)が全身の細胞にしみこんだところでもう一度

温泉に入る

 

呼吸です

①    ブッダの呼吸

②    水中花呼吸

 

ブッダの呼吸は内臓を肋骨の中にいれてお腹をぐるぐるまわす

超ウルトラ呼吸です

水中花は頭までお湯に沈めて湯の中でする呼吸、

身も心もスッキリ・・・さあー仕事です

 

Very good!