「おめでたい日」

1年は12カ月、日数にすると365日あります

1月から12月の中で12月を選んだ自分がいる

ひと月は30日もあれば31日もある

その中で6日を選んだ自分がいる

365日ある中で、340日目が12月6日です

この日を選んで生まれてきました

 

私は冬より夏の方が好きです

夏は裸になって朝から晩まで海で遊んでいました

裸で遊べないのって好きでありません

なのに、なぜ寒い冬に生れたんだろうか?

何か理由が合ったのでしょ・・・

まだ理由はわかっていません

 

ここまで生きてきたらそんなことはどうでもいい

今がいいと感じる自分がいるから・・・

 

生れてから昨日まで25915日・・・

25915日生き続けて一夜明けた25916日は72回目の誕生日

ずいぶん生きてきました(笑)

 

これから先はそんなには生きられないね

平均寿命まで生きるとしてあと9年

日数にすると3285日

あと9年は生きよう、元気なうちは働こう

と思っています

 

私を生んでくれた母に感謝です

私を育ててくれた父に感謝です

何はともあれすべてに感謝します

今日は楽しく過ごします

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。


「滑った」

斬新な気持と書くところが・・・

手が滑って斬新な気負いになっちゃった

普通なら直すところですが、今日はこのまま進めることにした

 

こんなこと、はじめてです(笑)

何かのお告げ?

パソコンの気持?

 

おそらくパソコンの想いでしょう(笑)

パソコンと仲良くなるためにパソコンの気持をくみました

私が「気持」でパソコンは「気負い」です

 

「気持」と「気負い」の違いを考えてみる

気持は気持ちだね

ここでは素直に斬新な気持になっている気持のいい自分です

 

パソコンの立場になると

ここはひと息入れましょう・・・という感じですね

 

気負いは、言葉の響きで何となくわかります

ちょっと力が入りすぎてる

意気込みが強すぎる

緊張感がある

 

念のために辞書で調べた

自分こそ頑張るぞ・・・

今度こそやるぞ・・・・

張り切る気持です、意気込みです

 

なるほど・・・自分で思ってたこととそう違いはないね

パソコンの立場にもう一度なってみた

「気負いばかりで実力が伴っていない」と

パソコンはこんなことも言ってる

「気負いのない自然体」が合ってるよ・・・と

自然体ね・・・そうします

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。


「12月の仕事」

昨日から12月の仕事が始まりました

今年最後の仕事に向かって全力投球します

全力投球するにあたって新たなエネルギーを活用します

新たなエネルギーはロスで出会った天使の羽根です

 

天使の羽根は

左右に大きく広げた羽根

devilでなくangel

羽根を引き立たせるピンクの壁

 

三つを一つにすると・・・鳳凰

鳳凰は中国神話の伝説の鳥、霊鳥です

日本でも大切に取り扱われています

それが証拠になんと一万円札に描かれています

表か裏かわかりません

福沢諭吉でないほうです

 

12月の仕事は“鳳凰力”で行きます

 

鳳凰力は・・・「飛ぶ」「飛躍」「上昇」

鳳凰はおめでたいイメージであり

神の使いです

 

神の使者である鳳凰の力を活用します

私の仕事は「呼吸」なんです

呼吸の大切さと実践を教えるのが仕事です

鳳凰の力を使って指導します

 

呼吸の実践を通して・・・

一人ひとりが、自分を見つめ、自分を知ります

そして「明るい見通しが立てられる自分」

そして「問題を解決できる自分」

素敵な自分をつくりです

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。


「役に立つであろう話」

ロスでの体験で役に立つであろうと思えるのがあります

あくまで私個人の経験則です

一年に一度、「環境を変える」

環境を変えて未知の体験をすることです

言い換えると

「冒険」です

「チャレンジ」です

 

これはとても刺激的です

刺激的ではありますが・・・

勇気がいります

忍耐も必要です

体験すると否が応でも精神力が強くなります

 

今までの固執した概念を棄てることができます

過去の先入観はまったく役に立たないことに気づきます

生きるということは頭で考えた通りにならないことに気づきます

これらすべてを体験できるのが環境を変えることです

 

私の経験則でいえば

大事なことは・・・へそ下三寸です

大事なことは・・・臍下の一点です

 

人間のもっている秘めた能力に気づけることです

下腹部の重要性に気づくことです

ここしか頼るところはないと信じられます

頭は信用できないことに気づかされます

 

この体験をすると、あなたは間違いなく成長します

それが、環境を変えることです

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。


「ロスの喫茶店で」

ロス最後の日にロスの喫茶店Coffee Beanで

ロスでの生活をふりかえりました

 

11月29日にのせたブッダの訓えがすぐに浮かんできた

「あなたは人格を向上させるために生れてきました。

他人を悪く言い、不親切にする人は同じことを自分に

しているのです。自分の口から出た言葉、行為はいつか

自分に返ってきます」

 

ロスにいる間、会話はまったくしませんでした

娘は朝早く家を出て夜7時過ぎに帰ってくる

遅い時は夜中に帰ってきました

会話の無い生活をしたにもかかわらず

なぜか、ブッダの訓えが・・・浮かんできたんです

 

「自分の口から出た言葉、行為はいつか自分に返ってくる」

だから、ものごとが向上するように語ることが大切

だから、忍耐と愛をもって語ること

自分の口から出る言葉と行いには責任を持つこと

そんな気持ちになったのがロスの喫茶店です

 

この喫茶店は、道に迷う要因をつくった喫茶店です

この喫茶店で左折しておけば・・・

道に迷うことはなかったのです

この喫茶店の一つ手前に似たようなお店があり

勘違いして・・迷ったのです

でも最後は自分を信じて行動したら

この喫茶店にまた出会えてアパートに帰れました

 

この喫茶店は・・・

“信じる”ことの大切さに気づかせてくれました

こんな素敵な喫茶店はロスにしかありません

ロスでの出来事を思い出して・・・

自分を戒めているというわけです(笑)

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。