「後半に向けて」

5月も半分が過ぎました

マラソンでいえば折り返し点

年齢でいえば四十過ぎ・・・

 

マラソンも人生もさぁ、これからだ

「よし、やるぞ」

こんな気持ちになるのが・・・折返しです

 

そんな気持ちになれないですって・・・

どうしてですか?

 

マラソンなんかやってないです

四十過ぎたけど・・・

仕事が上手くいかないし、体調は悪いし・・・最悪です

 

「よし、やるぞ」

なんて・・・なれません

 

帰りも遅くて妻ともうまくいってません

子どもは引きこもりがちで・・・

こんな状態で・・・どうやって

「さぁ、やるぞ」・・・なんて無理です

 

そうですか・・・それは大変ですね

でも生きてるんでしょ・・・生きてる間は生きるんです

 

生きるには積極的な心が不可欠なんです

仕事、健康、あらゆることに積極的にならないと

積極的なお父さんを見たら・・・

妻はあなたについてきます

子どもは学校に行きます

 

いまから、積極的になってやってみてください

「積極」です!

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。


「殻(似て非なり)」

中村さん

37歳のときエジプトでインドのヨガ聖者カリアッパに出会う

インドの山奥で3年の修行をしてヨガの達人になる

その結果・・・命の蘇生をした

 

昨年の3月に映画を観た

「永遠のヨギー」・・・ヨガをめぐる奇跡の旅

パラマンサ・ヨガナンダ師の目に引き寄せられて3度も見た

ヨガナンダさんの波動に圧倒されました

その結果

今年3月ヨガナンダの静修所エンシニタスに行きました

聖地で9日間の修行をして日本に帰ってきた

 

あれ、二人ともグルに会ってるぞ

 

中村さんはインドの山奥で3年の修行

私は9日間の修行の疑似体験・・・

大きな違いではあるが・・・

グルに出会った事実は事実・・・

 

ふと思ったのは・・・

意識下(無意識)でつながってるのでは・・・と

カリアッパさんとヨガナンダさんは友達だったのでは・・・

お国は同じインド、同じくヨガの達人・・・

 

中村さんは天風哲学を・・・

私は加藤メソッドを・・・

似て非なるものだけど・・・(笑)

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。


「殻(人生の後半)」

1919年 43歳 大道演説始める

1940年 64歳 名称を「天風会」とする

1947年 71歳 最初の本「真人生の探求」発刊

1962年 86歳 「天風会」財団法人となる

1968年 92歳 天国に帰る

 

中村天風さんの人生の後半です

前半は心が乱れた人生、後半は心が静かで穏やかな人生

前半は小説より奇なり、後半はまた小説より奇なり

後半は人に勇気を与え、希望を与えるお仕事に専念されました

 

中村さんは人間のあるべき姿を教えてくれたお方です

「成功の実現」「盛大な人生」「心に成功の炎を」「運命を拓く」

たくさんの本があります

 

1985年・・・32年前に中村さんを知り

「本当の人間」とは・・・

「人間の生き方」とは・・・

中村さんから学びました・・・私の人生の師匠です

 

中村さんの生き方を学び熱心に真似しました

おかげで健康も生活もよくなり人生が上向きになりました

ところが5年前ころから油断が生じた・・・(笑)

その後心が離れて・・・そして忘れかけた

 

2017年5月・・・ふと気づいたんです

「あぁ、まずいぞ」

心に隙間が空いてる・・と

 

中村さんが・・・私を救ってくれたのを忘れてた

初心に帰りもう一度・・・やろうと(決意した)

よし、なかむらさんだ!

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。


「殻(人生の前半)」

中学生の時

誤って人を殺す。この事件後、頭山満に預けられる

16歳 頭山満の指示で河野金吉の弟子。軍事探偵(スパイ)になる

28歳 銃殺の刑 (銃殺寸前、仲間に助けられる)

29歳 肺結核 (当時は治療の決め手がない死病)

33歳 アメリカ密航

35歳 ヒマラヤのヨガ聖者 カリアッパ師と出会う

 

「昔の私なんてものは、はしにも棒にもかかる男じゃなかった。

そりゃもう人生の、多くの人が夢には考えてもほんとうには

やらなかったような悪いことを、とことんまでやってきた男だもんね

人殺しはする、詐欺はする、泥棒はする・・・」

 

これは私の人生の履歴ではありません・・・

中村天風さんの人生の前半・・・実際の出来事です

 

運の強さ

銃殺刑、磔にされてる状態で間一髪助かる・・・想像できません

 

結核になったが生きたいが故にアメリカ、ヨーロッパまで出かけた

病は治らず、あとは死ぬだけ、日本に帰る途中でヨガ聖者を引き寄せた

この引きの強さ、生命力といいますか・・・

生きる力強さはどこから出てくるのか・・・心ですよね

奇跡です・・・まだ奇跡はあるんです

 

薬も飲まず、病院にも通わず、医者に見捨てられた人がですよ

インドの山奥で・・・自分で自分の病気を治した

死病と言われた病を・・・です

 

死からよみがえった人は生きる力強さがあります

力強さは「殻」を破る手がかりになる・・・

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。


「殻(好きな人)」

運命の出会い

「おまえは、右の肺に大きな病をもっている。

おまえは絶望しているようだが、まだ気づいてない重要なことが一つだけある

それに気づけば死ななくてすむ、私といっしょに来ないか」

 

俺についてくれば死ななくて済む・・・と言われて

即座に「行きます」と答えた

相手が誰であるか、どこへ行くのかも知らないで・・・

 

運命の出会い場所はエジプトの首都カイロのホテル

ホテルの食堂での出来事です

一人はヨガの聖者一人は死にかけてる日本人

 

日本人は運命的な出会いをして生まれ変わった・・・37歳のとき

 

ヨガの聖者はカリアッパ師、死にそうな日本人は中村さん

中村天風さんです・・・私の好きな人です

 

なぜ好きか?

「信念」がある・・・ひとだから

生きて、生きて、生きて、生き抜いた・・・ひとだから

あっさり言えば「あきらめない」・・・ひとだから

 

中村天風さんは殻を破ったお方です

インドの山奥で・・・瞑想で心を強くしたんです

 

私はふと気づいたね・・・(笑)

心を強くするには・・・中村さんがいい

心を強くするには・・・好きな人の真似をすればいい

よし、中村さんだ!

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。