「義兄弟」

「6」と「9」は兄弟です

というのが私の考えです

 

唐突ですね(笑)

いきなりです、普通はこんなことはありません

ここの場所・・・日記を書く場所のことです

ここは何でもありの場所です

思いついたことを書いていいところなんです

なぜなら、私の日記だからです(笑)

 

「6」はね、私とは切ってもきれない仲です

6日、私がこの世に出てきた日なんです

意識を持って出てきたのではなく、

生れ出て人間を少しやっていたら・・・

この日に生れたと知らされたからです

私が気づいていないところでことが進められたのでしょう

 

6をじっと見てたら9になったんです

6の下の丸が頭だと思ったら、9がいいよ・・・と

6は頭が下、逆立ちです、逆立ちをずっとしてると疲れるでしょ

上にある足を下に降ろしなさいと9が教えてくれたんです

6は素直に「はい」と言って逆立しました

頭を上にして立ったら・・・「9」になった

 

頭を上にして生活するとずいぶん楽です

それで6は9に言ったのです

“さかづき”を交わしてください・・・と

 

9は快く引き受けてくれました

6と9は義兄弟になったのであります

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。


「新月」

太陽は大好きです

瀬戸内で生まれ海と太陽で育ちました

東京に来てから、自分は太陽の子であると信じるようになりました

五月の連休は葉山の一色海岸で太陽と対峙です

裸になり、砂の上に仰向けになり太陽を直視しました

一対一で太陽と向かい合いエネルギーの出し合いです

いつも私が負けて、真っ黒にされました

 

太陽に負けてもちっともがっかりしません

黒く日焼けしたことを喜んでいました

 

歳を重ねてからは「月」も好きになりました

太陽に負けず劣らず好きになっちゃいました

太陽が現実の支配者なら、月は闇、暗黒の支配者です

太陽は昼、月は夜・・だね

 

満月も好きですが、新月もいいよね、今日は新月です

新月は月のかたちが一番欠けて見える月です

「新月」この文字を見ただけで・・・

”やる気が出る” 

”勇気が出る”

 

新月から満月までは

月がだんだん満ちていくように、「成長」につながり

満月から新月までは

月がだんだん透明になっていくように、「捨てる」につながる

捨てるは、心とカラダに余計なものが無くなることです

 

新月と満月を意識して生きることを

老人になってからずっと心がけています

月のエネルギーが私の中に入ってくるからです

 

私の生命エネルギーと合流して私を元気にしてくれます

私の中に眠っている不思議な力を引き出してくれます

私が成長する源のエネルギーです

・・・月の魅力です

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。


「本格的に始まります」

月が替わりました

1月から2月へ・・・

月が替わり、気持ちは、「よし、やるぞ」と勢いづきました

勢いよく滑り出した2月1日は金曜日でした

一日働いたら、次の日は土曜日、そして日曜日

土、日はお金に余裕があったので遊びました

 

こんな人いませんか?

遊ばなかったけど、気持が弛んだ人いませんか?

 

月の初めは、「やる気」が出ます

月の初めは、「よし、やるぞ」と勢いがつきます

せっかく、「やる気」「よし、やるぞ」と思ったにも拘らず

一日で終わったら元も子もありません

そうじゃありませんか?

 

そうでしょう・・・そうですよね

 

「やる気」「よし、やるぞ」は1週間は続けないと

一日だけでは、もったいないです

そこで、もう一度仕切り直しです

今日は4日です、月曜日です

「やる気」をもう一度起こしてください

「よし、やるぞ」と心を奮い立たせてください

 

よし、OK!

 

今週はこれで行きましょう

もちろん、2月の最後までやるつもりです

2月も力いっぱい働く予定です

でも、何かあるとすぐに心はしぼみますから

一日、一日です。

「今日一日」・・・この気持ちが大事です

・・・やりましょう!

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。


「節分」

節分は季節の変わり目にあたります

冬から春に変わる季節の分かれ目

今でいう大晦日のような意味、明日が元旦

 

「それがどうした?」

 

そこです、大事なところは

季節の変わり目には邪気が入りやすのです

邪気を払う儀式が豆まきです

 

豆は「精霊が宿っている」と信じられていました

豆は、「魔滅」と書いて“まめ”と読みます

文字通り魔を滅するです

 

豆をまくことで鬼を追い払うというわけです

鬼が出てきたとき、豆をまいて鬼を退治するというわけです

子供のころに豆まきはやっていました

大人になってもやりましょう

大人は長く生きている分、心の奥に邪気が溜まっています

部屋の中にも邪気が居座っています

これを一気に退治しましょう

 

退治するのは簡単です

鬼退治は豆です・・・豆!

部屋の中の鬼退治は豆をまく

「鬼は外」「福は内」・・これです

 

心の中に潜む鬼退治は

豆を歳の数食べるといいと言われますが

物理的に無理でしょ・・・

歯がない、かむ力が弱い、入れ歯・・・などなど

 

だから、一つ食べる

ただし、しっかりと「よく噛む」こと

かみ砕いた後、心の中で「鬼よ出て行け」と一言叫びます

そのあと。早い呼吸を10回やる

結果、ウンコと共に心の鬼をだす

これが私の・・・節分です

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。


「22」

数字には不思議な力があります

何度もよく見る数字であったり

自分の生まれた日の数字であったり

試験に合格した日の数字であったり・・・

古くから人は数字を大切にして生きてきました

 

数字を大切にするのは

数字を通して天使から私たちへのメッセージだからです

今日の数字は「2」です、しかも2のぞろ目です

こういうのは・・・好きです(笑)

2の天使が二人いることになりますよね

 

2月2日は、お正月の1月1日に似ておめでたい数字です

「2」の数字の天使はなかなかいいです

2の天使は・・・

心のエネルギーを形にする能力を持っています

したがって、思いを現実にしてくれるというわけです

しかし、すぐに形になるというわけではありません

2の天使を信じて・・・自分を信じることです

 

「あなたの願いは形になりつつあります」

というのが、2の天使のメッセージです

まだはっきりとした形になっていなくても

信じることです・・・まもなく形に現れてきます

そういう力があるのが「2」です

 

今日は2の天使が二人います

あなたの自信がぐらつきそうになったら

二人の天使が支えてくれます

 

これは無視できませんね

 

あなたの願いをしっかりと意識してください

今日一日、願いを心に描いて心で温めてください

あなたの願いが形になってきます

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。