「日曜日の朝風呂」

11月17日AM6:00。

 

朝のお勤めを済ませ、ブログを書いて一息入れる時間。

パンツ一丁に浴衣を羽織り、肩には真っ白いタオル、

203号室から階段を下りて露天風呂へ。

 

天気:快晴

風 :微風

景色:冬の訪れ

気温:零下

状況:内風呂が二つ、露天風呂が二つ(深さ1メートル)

 

 

日曜日の朝風呂

内風呂で身体をお湯になじませてから露天風呂に移動する

 

左の露天風呂に入る(右は熱い)

首までつかり、静かに目を閉じた

 

上半身は仙骨を立てて背筋を伸ばし、肩の力を抜く

下半身は相撲の蹲踞(そんきょ)姿勢、足の位置を決める

 

準備0K

 

上の瞼と下の瞼を静かに合わせて、

意識を丹田に下す

ゆっくり、ゆっくり息を吐く

・・・ゆっくり

 

 

意識は溶けて水とひとつ

湯気に乗って魂は肉体から抜けた・・・?

気のせい・・・かも(笑)

 

It‘s a nice day!


「満月」

11月16日19:00。

秋田・水沢温泉の露天風呂「男湯」。

 

 

山の上で見る満月

浜辺で見る満月

車に乗ってみる満月

つい見とれ、立ち止まってみる満月

裸で見る満月

 

 

露天風呂に首までつかってみる満月は

極楽、天国・・・楽園です。

 

湯気で見えなくなると、風呂から出て寒風の中で見るんです

一糸まとわず・・・素っ裸で

 

周りは真っ暗、

風呂から出てすぐは身体から湯気が出ます

暗闇の中で自分のからだから湯気が出てるのをみると、

「不思議の国のアリス」・・・不思議な感覚になるんです

 

不思議な感覚で満月を見るんです、

摩訶不思議・・・お月さんが笑ってる

ものの1分も見てると身体はかじかんで冷たくなるんです

一気にざぶーんと風呂に飛び込みます。

 

満月の日に、裸でお月さまとご対面・・・

お月さんのエネルギーが皮膚を通して沁みこんできます

やってみる・・・?

 

I‘m satisfied.


「旅の楽しみ駅弁」

東北新幹線の車中にある雑詩「トランヴェール」

荻原浩さんの旅のエッセイ

 

駅弁好きです。

ふだん折り込みチラシなどろくに見もしないのに、デパートの駅弁

フェアの告知チラシを見つけたら、熟読する。場所と時間が許せば、

実際に買いに出かける。で、持ち帰ったわが家の食卓やデパートの

屋上のベンチで食べながら、ふと思うのだ。

あれ、なんか違うぞ、と。

 

駅弁・・・おいしいけど何かが足りない

そう、足りないのは電車だ。

 

駅弁は電車という舞台装置があってこその食べ物だ。

たんなる食べ物ではなく、旅の中の小さなイベントだ。

選ぶのが楽しい・・・etc。

 

 

なるほどねー、

確かに、

 

旅の楽しみの一つに駅弁がある・・・。

でも、僕は駅弁を一度も買ったことがない、

駅弁の代わりに、駅のホームにある立ち食いソバが好きだから、

 

待ち時間に、地元のそばを食べる

出たとこ一発勝負の立ち食いソバ

おいしいのもあれば、まずいのもある

 

当たるとすごく旅が楽しくなり、

外れると・・・しょうがない立ち食いソバだから

 

仕事を終えて帰りの東北新幹線は・・・駅弁にしてみよう

車中で缶ビール買って・・・駅弁の醍醐味を味わうか。

 

Have you got your lunch box?


「言語は身の飾り(結び)」

言葉には不思議な力がある。

 

日本には昔から、「言霊」という言葉が使われてます。

 

言霊は、魂から出る言葉であり波動(エネルギー)

人の心を刺激する最も深みのある言葉の響き。

魂の波動が高い人から発せられる宇宙言葉。

 

涙は魂からでる泉です、

感動すると自然と目から涙が出てきます、

人前で泣いてはいけないと思って、泣かない泣かないと思っても、

感動すると自然に涙が出てきますよね、

 

親が死んだとき、若くして友達が死んだとき経験あるよね、

琴線に触れると・・・泣きじゃくるよね、号泣するでしょ。

魂から発する言葉が魂に入ったからです。

 

 

さてさて、言霊までいかなくても、もっと簡単なのがあります

 

簡単なのは「愛語」を使うのです

親しみの気持ちを抱くような心のこもった言葉がけをすることです

心のこもった言葉がけです。

 

朝の挨拶「おはようございます」

 

そっぽ向いて「おはようございます」ではありません(笑)

息を吐いた後のすがすがしい心で言います、

すがすがしい心で「おはようございます」と言ってね。

 

・・・言葉はあなたの身代わりさん。

 

Bye―bye!


「言語は身の飾り(2)」

人生の最上は徳を立てること。

次いで大業を起こすこと。

最後は善い言葉を残すこと。

 

 

ここまで来たら(66才)徳も大業も無理です、

せめて善い言葉でも残せたらいいのですが・・・。

 

 

若い人、働き盛りの人、魂の波動が高い人、悟りかけてる人は

徳を立ててください。志を大きく持って、

目指すは21世紀のマザー・テレサ、ナイチンゲール、空海。

 

無理な人は、僕と一緒に善い言葉を残しましょう。

さて、善い言葉とは

品質・納期に優れていること

 

品質とは、上等であること。

何が上等かといえば、

その人の人格です。

 

はっきり言えば心がきれいな人、

したがって、品質を良くするには日々の精進、努力が不可欠、

 

もうお分かりですね、

毎日、呼吸をしてる人です。

 

納期は、

すぐに善い言葉が出てくること、

必要な時に出てこなければ意味がないですよね

 

And?