「あと二日で7月も終わり」

7月の終わりがきます、あと二日で。

月の終わりは夕日と似てるんです。

西の空に太陽がゆっくりと沈んでいく感じ…似てない?

 

ほら、太陽が半分消えかかってる夕日・・・、

水平線に沈むのでも、山の谷間に消えていくのでも、

好きな夕日を想像してみて・・・どう・・・夕日・・・。

でしょ・・・でしょ、

 

僕が見た夕日

豊橋の夕日はきれいです・・・、

田沢湖の夕日も・・・すてき、

サラリーマンのとき、三鷹のビル5階から見た夕日も印象的でした。

 

真っ赤に燃えた太陽・・・オレンジ色に染まった空、

ほんのひととき・・・心を和ませてくれる

今日はそんな気持ちにさせてくれる日です

 

月の終わる二日前・・・好きです

ちょっぴり哀愁を感じさせてくれるから、

明日になれば、気を引き締めて月のふりかえりをしなければ

ならない、

 

・・・ほんのすこしのあいま気持ちをほぐしてくれる

 

心の中がすっかり夕日でおおわれちゃった、

丹田が真っ赤です・・・燃えてます

夕日・・・いいねー、

 

これで8月ものりきれます。

ふふふ・・・もうちょっとでアメリカです、

 

I want to see sunset.

 

 


「個人的なこと・・・(3)」

アメリカに行く前にいろいろ買っちゃった。

思った以上に出費がかさむ・・・

 

僕は顔にほくろができたとき、医者に行ってとってもらいました、

女医に言われたのが次の三つです

1.サングラスをかけてください

2.帽子をかぶってください

3.日焼け止めを塗りましょう

 

 

サングラス

朝日カルチャーの生徒、かいだ、あんどう、かとう、ふるたに、わたなべ

僕でお茶をしました・・・簡単に紹介します

 

あんどうさんは、茅ケ崎のマダム。かとうさんは、おかあさん。

ふるたにさんは、ご主人と平和に生きてる。わたなべさんは、社長。

かいださんは、大阪の令嬢。僕は、近々アメリカに行く予定

 

いつもは食べ物のはなしなのですが、なぜかサングラスのはなしに

さとう:\\\

ふるたに:??

かとう:ふーん

わたなべ:ハワイ

かいだ:イチローがしてるサングラスがいいんじゃーない

 

かいださんの知ってる眼鏡屋でサングラス「オークリー」を買いました

携帯を買う3日前です。アメリカ行きの準備が整っていく。

 

 

サングラスをかける練習

7月27日豊橋で仕事です、サングラスをかけて自転車で新橋駅まで

行きました、駅に着いたら外しました。

豊橋に着きました、天気は快晴、サングラスをかけたかったのですが

かけられませんでした・・・。勇気が今一つでした(残念)

 

首かららくらくホン(携帯)をぶらさげて、顔にはオークリーの

サングラス・・・次は何を買うんだろうか?

帽子のような気がします?

 

You look nice.

 

 

 


「個人的なこと・・・(2)」

一昨日詩人にお会いしました。

いつものレッスンなんですがね、

今回はいつもとちょっと違うんです・・・、

 

詩人はいま夏休みなので休養十分、・・・余裕があります。

心は豊かさが満ち溢れ、皮膚は活き活きして若者のようです、

 

余裕のある心身から出た言葉 ”アメリカの準備はできたの?”

詩人:空港についてお嬢さんと会えなかったらどうするの

僕 :電話します

詩人:携帯もっていかないっていってたよね

僕 :公衆電話からかけます

詩人:英語しゃべれないと、公衆電話見つけられないよ(笑)

詩人:ロスは車社会です、渋滞すると遅れてくるよ

僕 :はい、わかりました

 

家に帰って娘に聞きました

僕:アメリカではメールの着信は、お金がかかるんだって

娘:メールの着信を切るといいんです、

僕:そんなことできるの?

娘:誰でも知ってるよ

僕:そう・・・。

 

 

僕の衝動的行動

翌日、ドコモに行って相談しました、僕の携帯は海外で使えません、

安心のために思い切って買い替えをしました。

6万270円もしたんです・・・・・・高いです

 

旅行するってお金がかかるんだ、知らなかった(笑)。

 

To be continued.

 

 


「個人的なこと・・・」

私事で恐縮なんですが・・・、

もうすぐアメリカに行くんです・・・、

14日後に生まれて初めて大陸に渡るんです。

 

・・・ひとり旅なんですよ

英語が話せないのに思い切っていくんです、

ちょっと無謀でしょ・・・。

 

 

アメリカのロス・アンジェルスは、犯罪が多い都市のようです、

危険がいっぱいのところに行って一人で体験する・・・・

「冒険の旅」と決めました。

 

 

昔、昔

東京に来て2年くらいのとき、年齢は17歳、怖いもの知らずのガキの頃です、

船に乗ってアメリカに密出国しようとして失敗した体験があります。

あれ以来です・・・アメリカを意識したのは、

 

 

いま、昔のガキの頃の感覚がよみがえりつつあるんです、

危険ですね・・・危ないですね(笑)

体力も気力も萎えてる老人が、若いころの自分に戻る・・・

この気持ちはどこから来るのかねー

 

 

ロスでの一人冒険

1.バスに一人で乗る

2.ジョギングは地図を見ながら安全な場所を走る

3.マクドナルドに一人でいって買って中で食べる

4.交番によって道を聞く

 

8月に入ったら、カウントダウンします・・・うふ・・ふ

 

I’m sure I can do it.

 

 


「ラストスパート」

7月もあと6日。

月の終わりに全身全霊で仕事をする恒例のラストスパートです、

自分の持ってる力をすべて出し切る。

 

なぜそんなことをするのかって?

 

悔いのない生き方をしたいから・・・、

いつ死んでもいい心の準備・・・大げさだね、

 

正直に言うと、ラストスパート、この言葉が好きだから

はじめに力を入れ過ぎて、後でこけるより、

ゆっくりスタートして最後の踏ん張りどころで力を出す、

こっちの方が性に合ってるからです。

 

一言で言えば、“終わりよければすべてよし” これです。

 

 

今月のラストスパートは、新しい試みでエネルギーを生み出します

火事場の馬鹿力を出せるようになる練習です

自分Aと自分Bを使って自問自答して言葉力を使ってみるね、

 

自分A:お前は信念が強くなる

自分B:私は、いまから信念が強くなった

 

自分A:お前の感情はすこぶる明るい

自分B:私は明るく朗らかで元気だ

 

自分A:お前は愛にみちあふれてくる

自分B:私の心は、愛の光でいっぱいだ

 

信念と感情と愛が一つになるとエネルギーは1000倍になるんです

1000倍は、火事場の馬鹿力になるエネルギーの元です。

さぁー、やろう・・・ラストスパートです。

どう、こういう考え方・・・?

 

That’s a good idea.

Kato is incredible!