「偉大な心」

二つの自分(心)

心は意識する心(顕在意識)と潜在意識で働く

 

意識する心

目が覚めてから働き始めます

寝起きは“ぼーっ”としてますがだんだん覚醒してきます

一般的には昼は意識する心は能力全開になってます

サラリーマンの働く時間がこれに当てはまります

昼間に働き夜は休むのが普通の人である

 

例外もある

夜の仕事の人や頭を使って仕事をする人です

夜の仕事は昼に仕事する人と基本的に変わらない

昼が夜になっただけです

 

しかし、頭を使う人は特別です例外です

研究員がそうです

研究者は昼も夜も関係なく働きます

能力全開で働き、疲れたら寝る

有名な発明王のエジソンがそうでした

 

トーマス・エジソン

いつ仕事をして、いつ眠るか・・・

 

エジソンは4時間眠るか9時間眠るか

あるいはまったく眠らないかである

自分の必要に応じて睡眠時間を調節している

 

何かに強く引かれると、

ベッドに入って普通に睡眠をとる必要など感じなくなるのです

彼は何かを始めると、

思考が機能しなくなるまで仕事を続ける

後はその場で横になって眠りに落ちる

 

仕事に対する集中力は

力強く、かつ倦むことなく持続できる天賦の才能です

これは偉大な心の能力です

 

あなたの心の中に眠っています

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。