「原点回帰」

月の初めにこんなことを考えた

今一度原点に帰り基本を忠実にやってみるのもいいと

原点回帰・・・

 

ものごとを始めた時に抱いていた心に帰る

自分が原点であるとおもった場所に帰ること

一番初めに帰ること、初心にもどる・・・と

 

そこで考えた・・・

原点・・・とっさに浮かんだのは呼吸です

回帰・・・これは文字通りl周して元へ戻る

 

呼吸を始めたのは45歳のとき・・・

きっかけは仕事の関係ではじめました

健康保険組合で従業員の健康増進を検討してた時

呼吸がいいと思って自己流で呼吸をやってみた・・・

 

鼻で吸って、鼻から出す、鼻で吸って、口から出す

お腹で吐く、丹田で吐く、足の裏で吸って、足の裏で吐く

全身の皮膚で吸って、皮膚で吐く・・・・

どれをやってもピンとこない

うんともすんともならない・・・(笑い)

ちょっと呼吸をやったからって劇的な変化は起りません

当時は当たり前のことが分からなかった(笑)

 

そうこうしてるうち・・・ちょうど今頃の季節

12月の初旬に渋谷の本屋で巡り合った一冊の本

これが引き金になる(僕が考えてることをすでにやってる人がいた)

こっちの方が手っ取り早いと思って通い始めた…10年やる

呼吸を仕事にしたのは会社を退職してから

呼吸家になって15年、呼吸を始めてから25年になる

 

ここで一度初心に戻ってみる

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。