「呼吸と生活」

生活の中で、呼吸はどのように関わっているのか

ちょっと思考を変えて問いかけてみた・・・

 

 

なぜ、呼吸が必要なのか?

1.すべては命あってのものだから

2.メンタルヘルスに役立つから

 

 

<すべては命があってのもの>

食べ物を食べなくても、一カ月は生きてます。

呼吸は3分間止めると命が危ないです。

美味しいものが食べられるのは、命があってのものです。

すなわち、元気で生きていてこそ食べられるのです。

働ける、友達と会える、旅行に行ける、好きなことができる

すべて、生きていてこそ、あれもこれもできるのです

呼吸ができてこそ、元気で健康で生きていけるのです。

 

 <メンタルヘルスに役立つ>

現在はストレス社会です、自分の健康は自分で守ることが求められる時代です。

心忙しい環境の中で生きるには“心の強さ”、“精神のたくましさ”は不可欠です。

メンタルヘルスに効果的なのが呼吸です。

一人でできるメンタルヘルスのセルフケアは有効な手段です。

呼吸はストレス社会に生きる生活の必需品です。

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。