「空海(誕生)」

空海がお坊さんだとは知らなかった

後でわかるのですが・・・

空海は弘法大師、お大師さんと呼ばれてる人だった

 

ここで空海の簡単なプロフィールを・・・

幼名 真魚(まお) 名 佐伯・・・佐伯真魚

法名 空海

法号 遍照金剛(へんじょうこんごう)

尊称 弘法大師 空海上人

生地 現在の香川県善通寺あたり・・・

誕生 774年6月15日・・・説である

死没 835年4月22日

 

中国密教の大成者、不空三蔵は6月15日に入滅(死)

空海は「自分は不空の生まれ変わり」と言っていたらしい

三蔵に代わって新しい密教を日本国に・・・

 

父佐伯家は異言語や言霊など特殊な言語にかかわりを持つ一族、

母方は土地の産土神(うぶすなかみ)に授かった「神の御子」である

 

空海は真魚と名付けられ年少のころから

まれにみる知能の才気を発揮する

特に言語の発達が早く神威的なものに敏感であったようです

 

「空海の風景」・・・

一冊の本がきっかけで・・・空海に夢中になっていく

いまは、私の会社の役員をしてくださっています

私を支えてくださってる・・・と言うわけです

 

15日は空海の誕生の日・・・

今日一日空海と一緒に過ごしてください

空海の波動を感じられます

空海の才気が、神威が授かるかも(笑)

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。