「言葉の力」

人生を生き抜くために何が大切か?

 

若い時に大切なこと、年老いてから大切なこと

大切なことは、その時その時の立場で違うかもしれません

大切なことは、人によって違うかもしれない

今年も半分が過ぎようとしています

一度立ち止まって人生をふりかえってみた

 

今を・・・生き抜くために何が大切か?

 

浮かんできたのはお釈迦様の言葉です

人生の苦悩を乗り切るには聖なる道を歩みなさい

人は、利益を得たい、名誉を得たい、権利を得たい

常に欲のために苦しみます

欲のもとは心です、心を落ち着けておだやかにしなさい

その方法は呼吸です

 

呼吸をしっかりして聖なる道を歩みなさい

聖なる道は八つのことからできています

正しいものの味方、正しい決意、正しい言葉、正しい行為、

正しい生活、正しい努力、正しい思念、正しい呼吸

 

呼吸をして心がいつも落ち着いておだやかであれば

自ずと物の見方、行為、生活は聖なる道を外れません

息が深く静かであれば・・・

心で思うこと、意志の力、言葉使いは自ずと正しくなります

 

このような言葉が心の中から出てきました

読み返してみると・・・いいです

もう一度読み返してみました・・・いいです

私は勇気をもらった感じです

 

いい言葉には力があるね!

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。