「軟酥の法」

白隠和尚さんの軟酥の法

内観の秘法がことばのイメージなら

軟酥の法は映像的イマジネーションを用いる内観法

 

軟酥とはチーズのようなもの

あるいはバターでもいい

ようは何でもいいのだけど、いいものだと感じることが大事

今日はチーズでいきます、次のことを意識します

  • チーズは透明な色
  • チーズはたまご大の大きさ
  • チーズは体温ですぐ解ける
  • 透明なチーズは体に沁み込むと元気になる

 

では実践です

椅子に座ってもいいし、正座、胡坐でもいい

座ったら背筋を伸ばす・・・準備OK

 

頭の上に透明なチーズをのせました

チーズはどんどん溶けて頭の中に沁み込んでいきます

頭の全面、後頭部、首、肩へ

胸、お腹へ(体の前面)、

肩から背中、腰へ(体の後ろ)

腰から太ももを通って、

膝、すね、足首、足の裏へとチーズが流れていきます

 

上から下へ透明なチーズが染み渡るイメージです

痛い所では念入りにする

内臓もていねいにするといい

違和感があるところは何度もやるといい

 

お風呂に入った後のような感じになります

チーズ風呂ですからすこぶる元気になります

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。