「軟酥の法」

江戸時代に白隠禅師さんがいました

坐禅のやりすぎで気がおかしくなりました

いまでいうノイローゼ・・・うつ病です

 

自ら作った精神の病を克服した方法が軟酥の法です

今の時代で言えばストレスの解消法

あっさりと言えば、簡単で身近な健康法

ちょっと専門的に言えば・・・「頭寒足熱」

 

頭寒足熱とは、

頭は冷やし、足は暖かい状態のこと

よく眠れ、健康に良いとされる

軟酥の法をやれば頭寒足熱になり、すこぶる体調がよくなる

 

軟酥とは、

軟は柔らかい、酥はチーズ・・・やわらかいチーズ

軟酥は土の中に100年埋めてできたエキス(仙人食)

 

軟酥の法とは、

やわらかいチーズを頭のてっぺんに置き、

エキスを頭から沁みこませ、身体の中を通して足の裏から出す

エキスを溶かして体に沁みこませる(イメージする)方法です

 

白隠さんは次のようにおっしゃってます

この方法(軟酥の法)を何回も根気よく行えば、

どんな病気でも治せないものはない。

そして立派な徳を積むことができる。

 

その効果が早く現れるか、遅く現れるかは、

これを行うその人の熱心さいかんによるから、

一生懸命に精進せよ。

 

白隠禅師さんは自信をもって言い切ってます。

やってみるのもいいかもね。

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。