「8日」

八咫烏(やたがらす)と読む  

このカラスは日本神話にでてきます

神武天皇を熊野から大和まで道案内したとされる

導きの神といわれています

熊野神社では八咫烏をシンボルとしている

 

鏑射寺にいったとき・・・

中村和尚が三本足のカラス、八咫烏の話をしてくれた

カラスは見た目は黒く不気味ですから

人から嫌われる傾向があるが・・・

カラスは神の使いであり、太陽の化身である・・・と

和尚は本堂のところにくるカラスに毎朝パンをあげています

 

「八」は末広がりで縁起がいいと多くの人に親しまれている

 

「8」は聖数とされ古来日本では・・・

八百万(やおよろず)・・・八百万神(やおよろずのかみ)

八百万神は数多くの神、すべての神という意味

 

「8」を横にすると・・・∞

「∞」は無限大・・・限りなく大きいこと

無限大の奥に隠されている秘密があります

「未来が開ける」、「才能が開花する」…いいでしょ(笑)

 

「8」は自動車のナンバープレートでも人気がある

「・・・8」「・・88」「・888」「8888」は

すべて抽選対象番号である

 

今日は8日です

8日はお釈迦さまがお生まれになった日でもあります

縁起のいい日を選んで生まれてきました

理由は

衆生の人を幸せに導くためです

一人でも多くの人を人間らしく活かすためです

今日はお釈迦さまを想って過ごすといいです

側に寄り添って過ごすとなおいいです

私は一日お供です

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。