「自分を見つめ直す」

お遍路が盛んになったのは17世紀の後半

江戸時代の初期に二人のお坊さんが協力して

四国遍路に関する書を三つ残されました

 

弘法大師の修行について「四国遍路道指南」

札所の場所について「四国遍礼霊場記」

縁起について「四国遍礼功徳記」

 

二人のお坊さんは

真念(しんねん)さんと寂本(じゃくほん)さんです

 

巡礼の元になったのがこの三つの本

当初は「8ヶ所まいり」「10ヶ所まいり」と

いった形で巡拝がされていたようです

それがまとまり「88ヶ所」になった

 

昔の人は一度巡礼に出ると

40日から50日かけて命がけの巡礼

今は観光バスで回る人、車で回る人随分気軽になっているそうです

私は3ヶ所だけのお遍路です

 

昔の人がお遍路に出る理由は

過去の罪と過ちの償い・・・懺悔

体の具合が悪い人・・・・・健康回復

 

今は「自分を見つめ直す」という人が増えているそうです

私もその一人です

 

88の煩悩を一つ一つ取り除いていく心の旅です

一ヶ所お遍路すると一つの煩悩が消える

そう思って歩くと・・・歩きやすいです

 

初めての巡礼は三つの煩悩を消しました

とてもスッキリです

また行きます

 

呼吸法で健康になりましょう、寝る前に気持ちよくお腹で息を吐く。

お気軽に日記へのご感想をお寄せください

日記の感想を送る
アーカイブ